キズは修理した方が良い?

下取りや買取で気になるのは、傷は直した方が良いのか それとも直さない方が良いのか?と言う事ですよね。 長年乗ってくるとどうしても傷は出来てしまう物です。

 

買取る方としては、できるだけ傷はない方が良い 訳ですが、どうしてもまったくないというのは難しい ものです。

 

素人目には傷と思うような物でも、それぐらいなら 査定にひびかないという物もあります。むしろ自己流で 直してしまうと、修理するときにお金が掛かるので、 その分マイナスになってしまう事もあるようです。

 

どの程度まで軽度と見るのかは難しいのですが、 多少の傷であればそのまま出した方が良いようです。

 

かなり損傷の激しい場合は、まずは修理見積もりを 取りましょう。その修理見積もり金額と、買取り価格を みて、買取り店のほうも修理見積もり金額からみると 直した方が良いという事もあります。

 

どこまでの損傷 なのかは難しいのですが、状態の悪い車を買う人も なかなかにいないのも確かな事です。このあたりは難しい 判断にはなりますが、直しておいた方が良い事が多いです。

 

ある程度の車でも、部品取り車として使われるケースも ありますので、ある程度の部分に関しては、買取り店や 下取り店に相談されると良いでしょう。

 

板金などの処理も、その板金店によってかなり変わります ので、価格も変わってくることがあります。 直すようなぐらいに思うよう大きなキズや凹みの場合は やはり直したほうが印象は良いので直すことをお勧めします。