自動車の売却に必要な書類

自動車を売却する場合には必要な書類があります。買取店や下取りであればお店が手続きを代行するので、説明にしたがって用意すれば問題ありません。

 

自動車の所有権が変わりますので いろいろな手続きを代行するのですが、その際の委任状が 必要になってきます。

 

車を売る側、つまり車のユーザー側ですが、自動車検査証、 自賠責保険証明書、自動車納税証明書、リサイクル券、 印鑑登録証明書、実印これらが必要になってきますので、 忘れずに用意しましょう。

 

大まかに言って、印鑑登録証明書と 実印意外は、たいていの場合には車検証のケースに入っている 場合が多いですね。印鑑登録証明書は発行期限があるので 三ヶ月以内のものです。もしない場合には市役所や出先機関での 発行をしてもらいましょう。

 

自動車納税証明書は今年度の ものが入りますので、なるべくは払ったら車検証のケースに 入れておくのが忘れないポイントとなります。もし自動車納税 証明書がない場合には、再発行手続きをとってください。

 

軽自動車の場合にはもっと簡単になっています。 印鑑登録証明書が必要ありませんし印鑑も認印で良くなります。 売買には本人確認が必要になりますので、免許証や保険証を 持っておくと良いでしょう。

 

軽自動車の場合には必要書類が少ないので、身分証明の免許証や保険証と 認印だけあれば売却が可能になりますね。 普通自動車の場合は、印鑑登録証明書と実印を忘れないように しましょう。