下取りと買取

新車販売店の下取りと買取り店との違いもありますね。 下取りは、あくまで新車を購入して欲しいための手段 でしかありません。

 

また最近では値引きと下取りを 合わせたような販売テクニックを使っている所もあります。

 

一般的に、最近の新車は、仕入れ率が高く新車からの 値引きがしにくい状態にあります。最近販売店での 値引き交渉で値引きが渋いのもその為です。 下取り価格を一応算出しておいて、買って欲しいときに 下取り価格を上乗せするという方法ですね。

 

もちろん中古車を扱っている販売店ならそこでも売りますが、 基本は、新車を買ってもらうためのサービスです。

 

買取り店では、車を買い取って、自社で売る、オークションで売る、 海外に転売するなどのいずれかの方法で売るという手法をとりますので、 まずは車を買い取らないと商売になりません。

 

買取り店での実績を 出すためにも、買い取る量も確保しなければいけません。 その為に、いずれかの方法で売るにしても、相場よりもかけ離れた 事はなかなかないので、買取り店でいくつか見積もると値段の高い 安いはありますが、変にかけ離れた状態になりにくいのはありますね。

 

下取りでは、査定手数料を取られるのが一般的になっていますが、 買取り店では基本的に無料の査定になっています。出張査定でもそうですね。 そうするとその査定金額が同じでも、査定手数料がありますので、 その部分でも違ってきますね。

 

下取りは、新車を買ってもらうサービスで、買取は、買い取った車で 商売をするという違いがあります。