売却時のリサイクル料金

自動車もリサイクルが法律で2005年1月1日から 施工されています。自動車を所有している人は、 そのリサイクル料金をは払わないといけません。

 

フロンガスなどの回収やシュレッダーダスト、 エアバックの処理などに使われます。どこかの 部分でリサイクル料金を払う仕組みになってい ますね。

 

2005年1月1日以降に購入した人は、 新車購入時に払う仕組みになっていますし、 それ以外の人は車検時に払う仕組みになっています。 また車検よりも廃車が近い場合には、廃車にする時に リサイクル料金を払う事になりますね。

 

リサイクル料金については、車の種類もありますが、 エアバックの数がいくついているのか?とか、車両重量や エアコンの有無で変わってきます。 同じ車種でも、設定やグレードによってエアバックの数が 変わってくる場合もありますし、車両重量も変わってきます。

 

エアコンはついている物が多いですが、一部の車では ない設定もあります。一概にこの車がいくらと言えないのは その為でもあります。

 

自動車を売却する際には、支払ってあるリサイクル料金が 戻ってくるようです。それはなぜかというと車を手放す際に廃車を選んでないからです。 中古車を購入する場合には その中古車の設定に合うリサイクル料金を払う必要があります。

 

リサイクル券を紛失してしまった場合には、届出を出せば 再発行してもらえますので安心してください。 リサイクルは、廃車で使われる物ですので、下取りや買取が あった場合には料金が戻ってくるという事を覚えておくと 良いでしょう。